公立藤岡総合病院 / 附属外来センター

放射線治療科のご案内

悪性腫瘍(がん)の主な治療法には、手術・化学療法・放射線治療の3つがあります。
放射線治療は患部を切除せずに治療するため、身体の形態や機能を保つことができるのが特徴です。また高齢の方や合併症のある方でも、比較的安全に治療を行うことができます。最近では、化学療法との併用によりさらに高い治療効果を得られることが明らかになったり、放射線治療機械の進歩により、より安全に高度な治療が可能になったことなどから、放射線治療を選択される場合が増加しています。放射線単独で治療を行う場合と、化学療法と併用、あるいは手術と併用する場合があります。がんを「治す」治療としての役割のほか、身体の症状を軽減し苦痛を和らげる治療としての役割も担っています。
放射線治療の方法には、①外部照射と②その他の特殊な方法(腔内照射など)があります。当院で行われている方法は①外部照射です。治療機器から出る放射線(X線)を一定時間、身体の外からあてる方法で、胸部レントゲン写真を撮る時と同様に、痛みを感じることはなく、目でも見えません。②その他の特殊な方法が必要な場合には、群馬大学などに紹介受診していただきます。
当院における放射線治療および診療は、入院棟で行われております。初診の患者様の診察は原則として予約制となっております。他院で診療を受けておられる方は、主治医の先生を通じて当院の地域医療連携課へご連絡いただき、ご予約いただきますようお願いいたします。

 



職名氏名卒年専門分野【専門医・認定医・指導医】
部長 塩谷 真里子 H12 日本放射線腫瘍学会専門医
日本医学放射線学会指導医
臨床研修指導医養成講習会修了
緩和ケア研修会修了