診療科・部門のご案内

神経内科

日本神経学会認定教育関連施設

神経内科は、脳・脊椎・末梢神経・筋肉の病気を対象とした診療科です。
主な疾患は、脳血管障害(脳梗塞など)、てんかん、頭痛(片頭痛など)、片側顔面けいれん(眼瞼けいれん)、認知症(アルツハイマー型、レビー小体型など)、パーキンソン病、本態性振戦、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、脊椎小脳変性症、ギランバレー症候群、髄膜炎、脳炎、多発性神経炎、筋ジストロフィーです。
よくある症状としては、突然、意識がおかしくなった、手足に力が入らなくなった、顔面が麻痺した、話しづらくなった、飲み込みが悪くなった、ふらつくようになった、手足がしびれるようになった、けいれんする、頭が痛くなった、手足がふるえる、ちょこちょこ歩きになった、物が二重に見えるようになったなどです。
診察の手順は、まず詳しくお話をうかがい、神経学的な診察(歩行の様子・腱反射・物忘れのテスト・失調の有無など)をして、血液検査・脳MRI/MRA検査・脳CT検査・RI検査(脳血流スペクト、MIBG心筋シンチ)・脳波検査・節電図・神経伝達速度検査・脳脊髄液検査などを必要に応じて行います。
時には、くすりの飲み合わせ・くすりの反応を確認し、症状の変化を見ます。
これらの情報を統合して、何の疾患をお持ちであるか診断します。診断を誤ると、治療・今後の生き方に影響が出ることもあります。
また、医療相談員と連携し、診断書(特定疾患・障害年金・自立支援・介護保険など)記載と公的支援相談も行います。
藤岡多野医師会・埼玉北部も含め他の医師会との病診連携(紹介・逆紹介)も深めています。

  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • リンク
    リンク

PAGE TOP