診療科・部門のご案内

リハビリテーション科

 リハビリテーション科は疾病に伴う患者の障害を評価し、社会的背景を考慮して、到達目標を設定し、患者の社会復帰や、障害の克服を手助けする役割を担っています。
 当院のリハビリは入院部門、外来部門、回復期病棟部門があり、「脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)」「運動器リハビリテーション料(Ⅰ)」「呼吸器疾患リハビリテーション料(Ⅰ)」「がん患者リハビリテーション」、「心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)」、「廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)」の施設基準で、回復期病棟では回復期リハビリテーション病棟入院料1の施設基準で運用しています。
 入院部門では、入院直後の急性期からリハビリが介入し、入院期間の短縮につながっています。入院患者のほぼ半数の患者がリハビリを受けています。
 外来では運動器疾患の患者のほかに、がん患者の術前指導訓練や慢性閉塞性肺疾患患者の呼吸理学療法や、高齢者の誤嚥に対する摂食嚥下機能療法、脳卒中疾患の失語症リハビリ、顔面神経麻痺のリハビリ、小児の発達障害に対するリハビリも行っています。
 回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患や骨折など発症し急性期治療後に病状が安定した患者に引き続き集中的なリハビリを行うことで、機能回復や日常生活での必要な動作の改善を図り、社会や家庭への復帰を促進します。そのために医師、看護師、療法士、社会福祉士、栄養士、薬剤師など多職種が密に連携して、円滑な業務を行っています。

医師紹介

※テーブルをスクロールしてご覧ください。

職名 氏名 卒年 専門分野【専門医・認定医・指導医】
副院長兼
研修管理センター長
清水 透 S56 日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定医・専門医・指導医
緩和ケア研修会修了
回復期リハビリ病棟専従医師研修修了
日本体育協会スポーツドクター認定医
臨床研修指導医養成講習会修了
医 員 矢島 賢司 H26 緩和ケア研修会修了
がんリハビリテーション研修会修了

》リハビリテーション室はこちら

  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • 日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会
    日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会

PAGE TOP