診療科・部門のご案内

専門・認定看護師の活動

がん看護専門看護師

 疼痛や悪心・嘔吐といった身体的苦痛や精神的苦痛等に対する緩和ケアや家族ケアを積極的に行い、スタッフに対し実践モデルとなるように心がけています。新病院移転に伴い、がん看護専門外来が開設され、現在は主に乳腺外科患者さん中心ですが、診断から治療選択、治療継続に渡り、意思決定支援や緩和ケアの提供に努めています。
 病棟及び外来において、問題を抱える患者さんや御家族に対し、それぞれの思いを明確にし、希望ができるだけ叶うよう多職種間の調整を行いながら関わり、希望する療養の場(在宅・入院・転院など)へスムーズに移行できるよう、社会資源を活用して地域との連携を図っています。
 森﨑 裕美

緩和ケア認定看護師

 H29年11月の新病院移転に伴い、緩和ケアセンターが新設され、専従看護師として、多職種で緩和ケアチームカンファレンスを開催し、症例検討を行い緩和ケアチーム介入患者さんや御家族の情報共有を行い、患者さんや御家族の抱える問題に対し、早期から緩和ケア介入に努めています。
 また、通院中・入院中の患者さんや御家族の相談(電話・面談)に応じ、適切な情報提供をおこなうことで、納得した意思決定ができるよう支援しています。さらに在宅療養へ向けた相談や、在宅療養中の困難についてなど相談を受け、多職種間での連携を図っています。

 古池 きよみ

 がん患者及びその家族に対し、治療に対する意思決定や今後の在宅療養について相談を受け、必要な情報提供を行うために専門職種との協働により、意思決定支援に努めています。
 化学療法や放射線療法などの治療に伴う副作用や、がんの進行に伴う苦痛症状緩和のための薬物の適正使用に努めると同時に、終末期患者さんおよび御家族に対するケアとして思いの傾聴に努め、精神・スピリチュアルな痛みの低減を図り、より良い療養生活に繋がるよう支援しています。
 また、入院中の患者さんの対応で難渋した事例を看護スタッフ間で検討し、臨床における倫理的課題の検証や御家族の対応について、ディスカッションを行い、スタッフそれぞれのスキルアップに繋げています。
 菅原 恵理子

がん性疼痛看護認定看護師

 患者さんの疼痛や身体症状の苦痛や御家族の不安緩和が図れるよう医師、緩和ケア認定看護師と情報を共有し、緩和ケアチームとの連携に努めています。
 また、疼痛のある患者さんに対してレスキュー薬の服用するタイミングや貼付剤の半面貼付などの指導をおこない、退院後セルフコントロールができるような指導を心がけています。

 恩田 千栄子

がん化学療法看護認定看護師

 外来化学療法室に通院中の患者様や御家族を対象に、がんカウンセリングを通して治療法の選択や治療継続について意思決定の支援を行っています。さらに副作用対策方法や日常生活上の悩みなど随時相談を受け付け、患者様や御家族の生活の質を高められるように支援しています。
 また、外来や病棟看護師からのがん化学療法に対する質問や相談に随時対応しています。

 塩野 智則

乳がん看護認定看護師

 外来看護師や医師、緩和ケアセンターと連携し、術後の下着選択や退院後の生活、リンパ節郭清を行った患者さんに対しリンパ浮腫予防指導看護相談を行っています。
 主な相談内容は妊孕性、リンパ浮腫、術後の下着、転移・再発、術後の初回外来、乳房再建、治療選択などで意思決定支援に努めています。

 平田 恵美

感染管理認定看護師

  平成29年度から専従となり、院内の研修活動として全職員に対しての研修を実施しています。
  ICTの院内ラウンドを週1回実施し、各部署における改善事項や問題点を抽出し、改善するための
 アドバイスをしています。
  医師からの抗菌薬の使用についての相談も増え、ICTメンバーの協力を得て対応に努めています。
 また、地域連携施設より感染対策への相談もあり、地域との連携も図っています。

千木良 悦子(専従)

 

  病院に関わる全ての人を感染症から守るため、専従の感染管理認定看護師と共に活動をしています。
 また、感染症が拡大しないよう病院全体で、対策が徹底できるように職員教育を行っています。
  感染症というと“うつる”という印象から敬遠されがちですが、基本を守って対策を実施すれば予防す
 ることができます。
  病院にいるすべての職員が、アンパンマンの仲間としてバイキンマンに勝てるよう協力して行きたい
 と思います。

染谷 由香里(副看護部長)

集中ケア認定看護師

 平成2911月の新病院の移転に伴い、集中治療室も増床となり、業務改善及びスタッフの育成に取り組んでいます。
 鎮痛管理や口腔ケア、家族看護に関する相談が多くあり、口腔内を「視る」「触る」という必要性を伝え、口腔内環境に適したケアの選択・方法や口腔ケアも回数などの検討が必要な事を相談者が解決できるように関わり、口腔内衛生の保持が困難な症例に関しては、摂食・嚥下障害看護認定看護師と協働して、口腔内環境の改善に努めています。
 家族看護に関しては、御家族の反応や行動、訴えなどを観察して、御家族のニードの充足を図るための
    高橋 圭            援助について、相談者が自ら解決・実践できるように働きかけています。
                              医師からは、人工呼吸器からの離脱や鎮痛・鎮静管理についての相談があり、患者の状態や侵襲度、病
                           態期に応じた対応を検討しています。

摂食嚥下障害看護認定看護師

 病棟看護師・言語聴覚士と連携し、嚥下機能に障害がある患者さんに対して、スクリーニングや嚥下訓練等の摂食機能療法を行っています。
 嚥下評価の方法や経管栄養の選択、口腔ケア方法について、医師や病棟看護師の相談に対応し、安全な食事摂取環境の調整や退院後も嚥下状態の連携が図れるように努めています。

 富山 麻裕子

透析看護認定看護師

 透析療法は慢性腎不全の方に行われる治療です。失われた腎臓の機能を代替して血液中の老廃物や過剰な水分を浄化します。
 当院は透析を導入する周辺地域の患者様の入院、他科治療のために入院する透析患者様の受け入れが多いという特徴があります。患者様が体調を整えて早期に退院できるよう透析方法を選択し、退院後の生活のために必要なサポートを行っています。また、週3回通院してくる外来患者様も年々増加しています。様々な生活背景を持つ患者様とご家族が疾患・治療に向き合うために、「看護師は身近な相談役」として長期にわたり生活の質(QOL)を維持できるようご支援しています。
 櫻井 あかり     また、合併症予防の一環としてフットケアにも力を入れています。月に1回患者様の足を観察し必要な
           方には足浴やマッサージ、爪切り、胼胝削りなどを行い、足病変の予防と早期発見・治療に結びつけてい
                           ます。

認知症看護認定看護師

 認知症者が、急な環境の変化に馴染めず、混乱している中で起こす行動を「認知症だから」という先入観で身体拘束を実施することが少しでも減らせるように、自らが実践モデルとなるように努めています。
 病棟での困難事例を取り上げ「その人を知る」ことを視点とし、行動の理由を考え、その理由に対するケアを実践していくことでその人らしさを尊重したケアへ繋げられるようにスタッフと共に考え取り組んでいます。

 黒澤 千恵子

 

 認知症者は少しの環境の変化にも敏感に反応し症状が悪化するため、患者さんの生活背景を確認し、個々の「生活史」を考慮しながら援助する事で症状の悪化予防に努め、認知症があっても、本人・家族が安心して治療・療養生活が送れるように専門的ケアを提供できるように努めています。
 また、正しい認知症への理解が得られるように医療者対象に研修会の実施も計画・実施しています。

 清水 仁美

 

 2011年に認知症ケア専門士を取得しましたが、認知症の正しい理解と根拠のある看護実践が必要と感じこの道を選択しました。病棟勉強会や院内研修会を実施しながら、認知症者の行動を「問題」と捉えるのではなく、その背景にある想いを感じ取りながら、看護事例を通し伝えるようにしています。
 認知症であっても、人としての尊厳が保持され、その人らしい生活が継続できるよう、ケアのあり方を問い続け、多職種と協働しながら支援していくことが重要だと考えます。心が豊かになると自然に笑顔が溢れるように、「笑顔」はその人の心の内を反映します。一人でも多くの認知症者の「笑顔」が引き出せるよう、今後も努めていきます。

 富岡 幸之

救急看護認定看護師

 救急看護は、疾病や外傷、時間や場所を問わず、あらゆるライフステージにある患者さんとその御家族に対し、緊急性・重症度を基に優先度を判断しながら、状態の変化に即した看護援助を行います。
 救急認定看護師として、地域医療の活性化と質の向上をめざし、近隣の医療機関と事例検討や会議を企画運営しています。また、スタッフに向けて急変時のフィジカルアセスメントや救命技術などの指導にも携わっています。

金井 優

  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • 日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会
    日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会

PAGE TOP