診療科・部門のご案内

臨床工学室

臨床工学技士(CE)は、呼吸・代謝・循環に関わる生命維持管理装置の操作及び保守を業務としています。

臨床工学室長 金子 修

医療機器中央管理業務

病院では高機能・高性能の医療機器が治療に活躍しています。
それらの医療機器が性能を十分に発揮してこそ、最良の治療を行うことができます。
常に医療機器が万全な機能を発揮できるよう日々のメンテナンスが必要です。輸液ポンプやシリンジポンプ・人工呼吸器など医療機器をコンピューター管理し、所在確認や使用状況を把握して定期点検を行い機器の異常を早期発見し、医療事故を防ぐよう努力しています。また、最近では非侵襲的腸圧人工呼吸器(NPPV療法)の管理を始め、優しい人工呼吸療法として多くの患者様に使用されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

血液浄化業務

血液透析をはじめ持続的血液濾過透析、血漿交換、二重濾過血漿交換、血漿吸着、血液吸着、白血球・顆粒球除去療法など血液浄化療法全般を行っています。
医療機器の先には、常に患者様がいることを念頭におき、安全で十分な機能を発揮できる機器を提供することが最良の医療だと考え成員6名で励んでいます。

室長 金子 修

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

主な保守管理ME機器

人工呼吸器 24器
NPPV装置 7器
テレメータ関連 246機
IABP 2機
除細動器 14器
輸液ポンプ 155機
シリンジポンプ 40機
人工透析監視装置 20機
HDF装置 6機
保育器 16器
超音波ネブライザー 14機
PCPS 1機
麻酔器 6機
  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • 日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会
    日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会

PAGE TOP