診療科・部門のご案内

歯科口腔外科

特徴

 歯科口腔外科の二次医療機関として診療を行っております。口唇、頬粘膜、上下歯槽(歯が植立している部分)、硬口蓋、舌前2/3、口腔底、上下顎骨、耳下腺を除く唾液腺に生じる顎口腔に関連した疾患を治療対象としています。外来通院で対応可能なことは外来で行いますが、症状や侵襲度等を考慮して必要に応じて入院して頂き全身麻酔下での手術も行います。病院の方針に基づき患者さんの意思を尊重し、信頼される医療を提供いたします。
 高次医療機関である群馬大学医学部附属病院歯科口腔・顎顔面外科と医療連携しております。

主な対象疾患

○埋伏歯(埋伏智歯、過剰埋伏歯等)

 親知らずを含めた埋伏歯の抜歯を行います。術後腫脹が生じにくいよう努めております。位置が深い場合、多数の歯の抜歯を一度に行う場合は入院して全身麻酔下で行うこともあります。

○顎口腔領域感染症(蜂窩織炎、骨髄炎等)

 むし歯、歯周病などからの炎症があごや周囲組織に進行し大きく腫れることがあります。抗菌薬での治療となることが多いのですが必要に応じて外科的治療も行います。外来通院でも対応出来ますが、症状が強い場合等は入院下で治療を行います。

○歯性上顎洞炎

 感染症の一つに入ります。歯の炎症が副鼻腔の一つの上顎洞に波及した場合、歯性上顎洞炎を生じます。保存療法(薬物療法)で治らない場合、従来は炎症を生じた粘膜を手術で全て除去しておりましたが、換気と排泄のための交通路を作成することより粘膜を安定化させることが出来るため、現在はほとんどの粘膜を温存しております。そのため、治療後も副鼻腔の機能は温存されます。原因歯については、適切なタイミングで抜歯等を行います。

○顎口腔領域腫瘍(悪性および良性)

 あごの中、舌、頬粘膜、口唇等に発生した腫瘍の治療を行います。小さいものは外来通院、大きなものは入院の上、全身麻酔下で手術を行います。
 良性腫瘍でも著しく大きなもの、また悪性腫瘍に関しては群馬大学医学部附属病院歯科口腔・顎顔面外科と連携して治療を行います。

○顎口腔領域の嚢胞(顎骨内、軟組織内)

 あごの中、舌、頬粘膜、口唇等に発生した嚢胞の治療を行います。治療は摘出術が基本です。歯の根の先端に出来る嚢胞(歯根嚢胞)は、摘出術と併せて成功率向上のため手術用顕微鏡を用いた治療(顕微鏡視下歯根端切除術)を基本としております。

○顎口腔顔面領域外傷(歯、顎骨、軟組織)

 外傷による歯の揺れ、脱臼、顎骨骨折に対して整復・固定術を行います。顎骨骨折については、入院、全身麻酔下の手術となることが多いです。顔面、口腔の切り傷等(裂創、挫創等)に対して縫合処置を行います。顔面は見た目が重要であり、なるべく傷が目立ちにくいように縫合しております。

○唾液腺疾患(耳下腺を除く)

 唾液腺にも石(唾石)が形成される場合や感染を来す場合もあります。手術も含めて適切に対応します。

○口腔粘膜疾患

 白板症、紅斑症、口腔扁平苔癬等、多数認められますが基本的には組織検査を行い、確定診断を付けた上で治療方針を決めます。上皮内がん、浸潤がん等の結果であった場合、すみやかに手術で切除する方針としております。

○顎関節疾患

 顎関節症が最も多く、顎関節症の主な症状は、「口を開ける時にあごが痛む」、「口が開かない」、「あごを動かすと音がなる」の三つで、このうち一つ以上の症状があり、他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます。「あごを動かすと音がなる」だけの場合は、積極的な治療は行わず、生活習慣等の指導のみななる場合もあります。診断のためにはMRI検査が有用です。当院でも治療を行いますが、難治性の場合は大学病院へ紹介することもあります。

○顎変形症

 顎の骨の上下のバランスが合っていないため上手く噛めない、口が閉じにくいなど、顎の骨自体に上下のアンバランスがある場合は顎変形症の可能性があります。このような場合、矯正歯科と連携した治療が必要です。当科に初診の場合でも、矯正歯科で診断を受けて頂いた上で治療が始まります。矯正歯科で矯正治療を開始し、歯の位置の修正後に当科で手術を行います。手術は全身麻酔で口の中のみに切開を加えて手術を行います。顔には切開は入りません。手術後は、歯の位置の調整をするために再度、矯正治療を行います。

○インプラント治療

 虫歯や歯周病などにより歯を失った患者さんや口腔腫瘍切除後の骨欠損部を持つ患者さんなどに対して、人工歯根を顎骨に埋入して咬合の回復を行うインプラント治療を行っております。当科でインプラント治療を行う場合、撮影したCTでシュミレーションを行い、原則としてインプラントを埋入時に使用するサージカルガイド(手術補助器具)を作成します。サージカルガイドを用いることで、適切な位置にインプラントを埋入することが出来ます。
 インプラント治療は、すべての患者さんに可能というわけではなく、喫煙者や糖尿病等を有する患者さんには適応されない場合もあります。特に骨吸収抑制薬を使用中、または使用したことがあるの患者さんにはインプラントやその周囲の組織にトラブルが生じる可能性があり行っておりません。また、人工歯根を顎骨に埋入する必要があるため、残存骨の骨量が不足している場合は適応できません。しかしこの場合は、患者さん自身の顎骨や腸骨などから骨を採取し移植を行い、骨造成を行ってからであればインプラント治療が可能となることもあります。なお、虫歯、歯周病等が原因の場合、インプラント治療は初診時から保険診療適応外になります。

医師紹介

※テーブルをスクロールしてご覧ください。

職 名 氏 名 卒 年 専門分野【専門医・認定医・指導医】
医 長 髙山 優  H18 日本口腔外科学会認定 認定医・専門医
日本口腔科学会認定 認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(歯科口腔外科)
緩和ケア研修会修了
日本サイコオンコロジー学会コミニュケーション技術研修会修了
歯科医師臨床研修指導医養成講習会修了
医 員 大隅 麻貴子  H25

日本口腔ケア学会 認定資格4級
緩和ケア研修会修了

  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • リンク
    リンク

PAGE TOP