診療科・部門のご案内

整形外科

外 来

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手の外科」と「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」と「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、腫瘍(できもの)を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」と多数の専門分野があります。(日整会ホームページから引用)

交通事故やスポーツ、転倒、転落などによる外傷(骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉ばなれ、開放創など)の治療、四肢の節炎(加齢に伴ったものや、関節リウマチ、痛風などの炎症によるもの、感染など様々な原因があります)や脊椎に由来する頚部痛、腰痛、及びそれに伴った手足のシビレや疼痛なども整形外科の治療対象です。骨や軟部組織の腫瘍、手足などの先天性の疾患も私たちが診察しています。当院では整形外科で扱う全ての疾患を診ていますが、人工股関節全置換術や先天性股関節脱臼に関連した股関節手術及び肩関節、足関節への内視鏡手術などは、専門の病院に紹介しています。また、悪性骨、軟部腫瘍に関しては、主に群馬大学医学部附属病院整形外科に紹介して診断、治療をお願いしています。外来診療は月曜日から金曜日の午前中が受付時間になります。地域からの紹介を積極的に受け入れています。初診時には地域医療機関からの紹介状やレントゲンなどの画像、検査データなどを持参してもらえるとその後の診療などしやすくなるためご協力をお願いします。

装具の作成、装着は水曜日、土日・祝日を除く日の午前1030分から1230分頃まで専門業者が行っています。作成には約1週間かかります。

神経伝導速度検査を水曜、金曜の午後におこなっています。手指のシビレや麻痺の原因を調べる検査です。予約が必要です。整形外来を受診して予約してください。

骨粗鬆症診断のための骨密度検査を行っています。受診当日検査できますが、整形外科外来を受診して相談してください。

主な外来手術(局所麻酔で行い入院不要の手術)

  • ばね指、腱鞘炎:腱鞘切開術
    指の屈伸時にこくこく音がして痛みがあったり、親指を使うと手首に痛みがあります。1週後抜糸までは手をぬらせませんが、2日後からは徐々に使えます。
  • 陥入爪(まき爪):爪母形成術
    主に足の親指の爪が食い込んで、痛くなる病気です。食い込んだ爪を部分的に爪母(爪の生える元)とともに切除して、生えなくして治します。
  • 皮膚軟部腫瘍(粉瘤、ガングリオン):摘出術
    ただし、ガングリオンで関節からつながっているものや深いものは、伝達麻酔や、腰椎麻酔が必要となり2~3日の入院が必要となります。
  • 簡単な抜釘術

装具の作成、装着は水曜日、土日・祝日を除く日の午前10時30分から12時30分頃まで専門業者が行っています。作成には約1週間かかります。

神経伝導速度検査を水曜午後におこなっています。手のシビレや麻痺の原因を調べる検査です。予約が必要です。整形外来を受診して予約してください。

骨密度検査を行っています。受診当日検査できますが、整形外科外来を受診して相談してください。

入院棟

手術に関連した患者さんの入院が多数を占めますが、外傷以外に、急性腰痛症や関節や筋肉が痛くて動けない患者さんも、安静やリハビリテーション目的で入院加療を行います。ただ、急性期病院としての機能を優先する為、症状が慢性化した場合や、まだリハビリ継続が必要な場合は、回復期病院や療養型の病院に転院していただき、治療を続けることになります。(当院でも今までの地域包括ケア病棟に加えて平29111日から回復期病棟が新たに開設されました。)医療相談員が相談を受け、転院先病院や当院の地域包括ケア病棟や快復期病棟への転院や転棟の手続きを行います。ご協力をお願いします。

整形外科医は6名の常勤医がいますが、午前中は病棟担当医師が回診を行い、午前10時前後から手術に入ります。午後には外来担当医師も手術に加わります。

月曜日朝に医師による手術患者のカンファランスを行っています。、夕方よりリハビリスタッフ、病棟看護師、薬剤師、相談員などを交えての病棟カンファレンスを行っています。

手術

月~金曜日と毎日手術可能です。外傷一般の手術を中島、栗原のほか全員で担当、膝関節鏡、膝靭帯再建術、人工膝関節全置換術などを主に萩原が担当、手や前腕の神経、血管、腱損傷に対する手術を中島、永井が担当し、手の機能再建術や切断指の再接着も行っています。脊椎関係の手術を関、鈴木が担当しています。主に頸髄症や腰部脊柱管狭窄症の変性疾患が多く椎体の脱臼骨折などの外傷の手術も行っています。(以上、担当医は平成29年度)

急性期病院のためクリニカルパスを使用し術後は早期の退院を目標にしています。伝達麻酔での手術や関節鏡手術の場合は、2泊3日の入院が目安です。大腿骨頸部骨折の場合、荷重歩行は手術後数日から行いますが、合併症など特別のことがなければ、2週間前後で転院や転棟をお願いしています。急性期病院として、また地域の中核病院としての責任を果たせるよう、スタッフ一同努力しております。治療に対して、また退院、転院について患者さん、ご家族の方のご協力をお願いいたします。

医師紹介

※テーブルをスクロールしてご覧ください。

職名 氏名 卒年 専門分野【専門医・認定医・指導医】
部 長 萩原 明彦 S58 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
臨床研修指導医養成講習会修了
部 長 関 隆致 H12 日本整形外科学会専門医
臨床研修指導医養成講習会修了
医 長 中島 大輔 H13 日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
臨床研修指導医養成講習会修了
医 長 永井 彩子 H19 日本整形外科学会専門医
臨床研修指導医養成講習会修了
医 員 鈴木 純貴 H25
医 員 栗原 信吾 H25
  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • リンク
    リンク

PAGE TOP