診療科・部門のご案内

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟について

急性期治療(手術直後や発症後早期の治療が必要とされる時期)を経過し、病状が安定した患者さんに対して医師や看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカー等が、患者さん・ご家族と協力し、在宅や介護施設への復帰に向けた医療・支援を行い、安心してご退院いただけるようサポートをさせていただきます。

退院後の生活や介護サービス、施設等の利用、入所等に向けた支援をさせていただきます

入院(急性期治療)

病状が安定・軽快

退院

地域包括ケア病棟(60日程度)

在宅退院・施設入所

対象となる方について

在宅・介護施設への移行が可能予定の方で、急性期病棟から地域包括ケア病棟へ移動していただく場合は、主治医が判断し患者さん・ご家族の方に提案させていただきます。ご了解いただけた場合、地域包括ケア病棟に移動して引き続き入院となります。

主に次のような患者さんが対象です。

  • 継続したリハビリが必要になる方
  • 入院治療により症状は改善したがもう少し経過観察等が必要な方
  • 退院へ向けた療養準備が必要な方

※入院期間は状態に応じて異なりますが地域包括ケア病棟に入室後、最長60日を限度としています。

入院費用について

入院費用の計算方法は定額制(1日あたり)で入院基本料、投薬料、簡単な処置料、検査料、画像診断、リハビリ等の費用が含まれます。

※急性期病棟と同じく医療保険、高額医療費助成制度の対象となります。
※差額ベッド代・病衣・おむつ代など保険診療対象外のものの費用は含みません。

病状の変化により主治医が集中的な治療が必要と判断した場合、急性期病棟にお部屋を移動して いただくことがあります。

  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • リンク
    リンク

PAGE TOP