診療科・部門のご案内

DI業務

  • 厚生労働省や製薬メーカなどから医薬品に関して新しい情報が発表された場合、迅速に関係各部署に連絡をしなくてはなりません。
  • 病院として医薬品の情報を一括管理するために、薬剤部のDI担当者が窓口となります。
    逆に医師や看護師等からの問い合わせにも対応し、必要があるときは製薬メーカに問い合わせも行います。
  • 医薬品情報を適確に伝えるために印刷物【DIニュース】を発行しています。
  • 厚生労働省から発表される【緊急安全性情報】などの緊急性の高い情報はその都度、臨時ニュースとして紹介しています。
  • 新発売された医薬品をあれもこれもと全て採用してしまうと在庫が増えすぎてしまいます。医師も医薬品がありすぎてしまうと混乱してしまいます。
  • 病院としては、新たに発売された治療効果の高い医薬品を購入するために薬事委員会を開催し、採用・不採用を決定しています。
  • DI担当者は薬事委員会で必要となる医薬品の情報や、同じような効果のある薬の違う点・すでに採用されている医薬品に関して使用量などのデータを収集するとともに実際に会議にも出席し医師など他の参加者と意見交換を行います。
  • 最近ではインターネットの普及でいろいろな情報がリアルタイムで入手できるようになりました。
  • DI業務では患者様の治療の手助けとなる情報を正確にかつすばやくお伝えしていくように心がけています。
  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • 日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会
    日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会

PAGE TOP