各種相談窓口

早期の食道がん・胃がん・大腸がん(内科)

早期の食道がん・胃がん・大腸がん(消化器内科)

内視鏡検査・CT・超音波検査を行った結果、リンパ節転移のない早期がんに対して 低侵襲で機能温存、術後のQOL(生活の質)の観点から内視鏡的治療を内科(消化器内科)で行っています。

入院が原則ですが、大腸がんで治療可能であれば外来にて内視鏡的粘膜切除術も行っています。

切除不能進行胃がん(消化器内科)

切除不能進行胃がんについては十分病状をご理解頂いたうえで、最も優れた標準的治療とされる化学療法(内服または注射による抗がん剤投与)を内科(消化器内科)で行っています。最近では、化学療法の進歩と共に患者さんのQOLを大切にし、入院をせずに在宅医療を行いながら外来化学療法を中心に治療を行っています。同時に副作用対策や緩和医療も行っています。

  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • 日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会
    日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会

PAGE TOP