各種相談窓口

乳がん

乳癌診療ガイドラインに沿い実施しております。

診療内容

乳癌の診断、治療を行っています。また相談支援や緩和ケアなど多職種のチームがサポートしています。

診断

  • 存在診断:視触診、マンモグラフィ、エコー検査、(CT検査、MRI検査)
  • 広がり診断:CT検査、MRI検査、骨シンチ、PET-CTなど画像検査
  • 確定診断:穿刺吸引細胞診、針生検、マンモトーム生検、摘出生検

治療

手術

乳房温存手術:癌を含む乳腺の部分切除とセンチネルリンパ節生検(腋窩リンパ節転移のときは腋窩郭清)をします。術中の検査で変更になる場合があります。
また、腫瘍が大きい場合は術前化学療法によって腫瘍を小さくしてから行なう場合もあります。胸筋温存乳房切除術:全乳房とセンチネルリンパ節生検(腋窩リンパ節転移のときは腋窩郭清)をします。胸筋(大胸筋・小胸筋)は残します。
センチネルリンパ節生検:手術中に腋窩リンパ節転移の有無を検査します。転移がなければ腋窩リンパ節郭清を省略し、転移があれば郭清を行います。

薬物療法(内分泌療法、化学療法、分子標的療法)

術前化学療法、術後補助療法、再発治療にホルモン剤、抗がん剤、分子標的治療薬が選択されます。がんの生物学的な様々な特性から患者さんにあった薬剤を選択します。
また、臨床試験への参加もお願いしています。

放射線療法

乳房温存術後に乳房内再発予防のため温存乳房に照射をします。また、リンパ節転移や局所再発、骨転移などに照射をします。

緩和ケア

がんと診断がついた時から、「体のつらさ」や「心のつらさ」に対応します。

治療法選択方針

乳がん治療法選択方針

  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • 日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会
    日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会

PAGE TOP