各種相談窓口

子宮がん・卵巣がん

子宮がん

子宮がんは子宮体部がんと子宮頸部がんに分けられます。
「子宮体部がん」は月経がおこる子宮の内側にある子宮内膜から発生したがんです。
「子宮頸部がん」は子宮膣部や頸管の上皮から発生したがんです。
両者は全く別のがんです。検診では両方の検診を行う必要があります。

子宮体部がん治療法

  1. 手術療法
  2. 放射線療法
  3. 化学療法
  4. ホルモン療法

病気の拡がりにより単独又は他の療法と組み合わせた治療を行う。

手術療法

子宮体部がんの最も一般的な治療です。手術によりがんを取り除くと同時に病気の拡がりを正確に診断し、放射線療法や化学療法などの必要性を判断します。

単純子宮全摘出術+両側付属器(卵巣・卵管)切除術

術前診断で0期の場合には標準的にこの手術が行われます。

広汎性子宮全摘出術

術前診断で子宮の頸部におよんでいる場合(Ⅱ期及びⅢ期の一部)などに選択される場合があります。
この手術は骨盤内リンパ切郭清を行い、同時に腹部大動脈周囲のリンパ切郭清を行う場合もある為、術後に障害を残す頻度が高まります。

手術後の障害

単純子宮全摘出術ではほとんどみられません。
卵巣切除術では女性ホルモンがなくなることによる卵巣欠落症状(更年期障害)をおこすことがあります。
広汎性子宮全摘出術では排尿・排便障害があります。
骨盤内リンパ節郭清では下肢の浮腫(むくみ)をおこすことがあります。

放射線療法

高用量X線または高エネルギー線を用い、腫瘍を縮小します。

外照射法

身体の外の機械から行う方法

膣内照射法

当院ではできませんので、治療できる医療機関へご紹介します。

化学療法

この療法は内服または注射により抗がん剤を投与します。
この療法は単独で行う場合と手術前後に行う場合があります。

ホルモン療法

この療法はホルモンの感受性のあるタイプの場合に高用量の黄体ホルモンを使用します。
黄体ホルモンの働きのある経口内服剤が用いられます。
血栓症などの副作用があります。

再発

再発とは、治療した後で「がん」が再び発生することです。
標準治療はなく、再発部位や再発様式に合わせて一人一人に適切な方法を検討治療を行います。
治癒させる目的ではなく、腸閉塞を解除するための外科療法や骨転移によっておこる痛みを軽くするため放射線療法また緩和医療も選択できます。

子宮頸部がん治療法

  1. 手術療法
  2. 放射線療法
  3. 化学療法

手術療法

円錐切除

子宮の頸部組織を円錐状の組織として切除します。
主に診断に用いられ、進行期が早い場合はこれにより治療となる場合もあります。

単純子宮全摘出術

子宮を摘出する手術です。術式は次の2つから選択します。
(1)膣式単純子宮全摘出術=経膣的に摘出する方法と内視鏡を用いて行う方法もあります。
(2)腹式子宮全摘出術=腹壁を切開して行う方法

広汎性子宮全摘出術

子宮と膣の一部を含め、骨盤壁近くから広い範囲で手術します。この手術は子宮頸部がんに関連する所属リンパ節(リンパ切郭清)も同時に切除します。術後に障害を残す場合があります。

放射線療法 

子宮体部がんと同様ですが、体部がんに比べて頸部がんは放射線が有効な為、手術を行わないで放射線のみで治療を行う場合もあります。

化学療法  

子宮体部がんと同様

卵巣がん

卵巣がん治療法

  1. 手術療法
  2. 化学療法

手術療法 

卵巣切除及び子宮全摘

両側の卵巣・卵管・子宮を切除する方法

大網(たいもう)切除

大網とは胃から垂れ下がって、大小腸をおおっている大きな網のような脂肪組織です。
卵巣がん転移が最もよくおこる組織です。

後腹膜リンパ節郭清

後腹膜リンパ節は卵巣がん転移がおこりやすい部位のひとつです。

腸管などの合併切除

腹腔内の転移をできるだけ切除するために大腸・小腸・脾臓などがんと一緒に切除することがあります。

化学療法

抗がん剤を内服または注射で投与する治療です。直接腹腔内に注入されることもあります。卵巣がんの治療では、最も大切で、抗がん剤が効くか効かないかで、治癒率が大きく左右されます。

  • 診療科のご紹介
    診療科のご紹介
  • 医師臨床研修
    医師臨床研修
  • 看護部
    看護部
  • 採用情報
    採用情報
  • 広報のご案内
    広報のご案内
  • 日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会
    日本医療マネジメント学会第9回群馬県支部学術集会

PAGE TOP