公立藤岡総合病院 / 附属外来センター

沿革



昭和26年 病院建築着工(病床数:42床 (一般25床 結核17床))
昭和27年 病床数の増床により51床に(一般28床 結核23床)
昭和28年 病床数の増床により59床に(一般36床 結核23床)
昭和29年 結核病棟完成し89床に(一般36床 結核53床)
昭和30年 多野藤岡医療事務市町村組合に名称変更
昭和33年 病床数の増床により133床に(一般80床 結核53床)
昭和36年 伝染病棟が35床にて開設
昭和45年 病院増改築工事が始まる(現在に西病棟)
昭和46年 西病棟完成(病床数:213床 (一般180床 結核33床 伝染35床))
昭和48年 名称変更(多野病院→多野総合病院)
昭和59年 病院増改築工事が始まる(現在の東病棟・中央診療棟・管理棟)
昭和61年 病院増改築工事が終了(病床数:413床 (一般370床 結核33床 伝染10床))
人工透析を開始
平成2年 管理棟2階に人間ドック室完成
平成4年 放射線病棟完成(ライナック・シンチカメラ・循環器X線撮影装置導入)
平成6年 病床数の増床により424床に(一般381床 結核33床 伝染10床)
平成8年 MRI棟完成(MRI・結石破砕装置導入・透析の増床)
平成9年 名称変更(多野総合病院→公立藤岡総合病院)
病床数414床に(一般371床 結核33床 伝染10床)
老人保健施設「しらさぎの里」開設(一般棟40名・痴呆専門棟40名) 通所定員40名
訪問看護ステーション開設
平成10年 療養型病床群の開始により病床数381床に(一般313床 療養58床 伝染10床) 結核病棟(33床)の廃止
平成12年 病床数428床に(一般366床 療養58床 感染4床)
公立藤岡総合病院附属外来センターの着工
平成13年 開院50周年を迎える
平成14年 公立藤岡総合病院附属外来センター開院
平成15年 病床数395床に(一般391床 感染症4床)
平成17年 公立藤岡総合病院手術棟完成
平成24年 附属外来センター化学療法室完成
平成27年 病院機能評価認定(更新認定)、臨床研修評価機構(新規認定)
放射線科を廃止し、放射線診断科・放射線治療科・病理診断科を新設
地域包括ケア病棟開設 東棟6階(39床)
平成28年 新入院棟建設工事着工)
救急科新設